単行本」カテゴリーアーカイブ

1/24発売【本】「氷上秘話 フィギュアスケート楽曲・プログラムの知られざる世界」いとうやまね (著)

1/24発売【本】「氷上秘話 フィギュアスケート楽曲・プログラムの知られざる世界」いとうやまね (著)
【ショップ:amazon
単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: 東邦出版
ISBN-10: 480941549X
ISBN-13: 978-4809415494
発売日: 2018/1/24

続きを読む

2018/1/18発売予定【本】「日本フィギュアスケート 金メダルへの挑戦」城田 憲子 (著)」

      2018/1/18発売予定【本】「日本フィギュアスケート 金メダルへの挑戦」城田 憲子 (著)」
      【ショップ:amazonセブンネット
      出版社名 :新潮社
      発売日:2018/01/18
      価格 : 1,500円 (税込:1,620円)

内容紹介

伊藤みどりの時代から、荒川静香、羽生結弦へ――
日本はいかにしてフィギュア大国になったのか。

かつて極東の小国と見なされていた日本は、
いかにして欧米の厚い壁を打ち砕き、フィギュア大国へと躍進したのか。
世界に通じる才能の発掘と強化のシステムを築き上げ、
荒川と羽生を五輪金メダルに導いた元・日本スケート連盟フィギュア強化部長が初めて語る、
進化と勝利の舞台裏。

――目次――

はじめに

第一章 フィギュアスケートに魅せられて
メダルが獲れるわけないもの!
日本スケート連盟の一員となって
天才少女・伊藤みどりの衝撃
「伊藤みどりプロジェクト」を掲げて
アルベールビルの誤算
みどりが教えてくれたこと

第二章 日本フィギュアスケート・冬の時代
金メダルは「総合力」
試行錯誤のNHK杯
全国有望新人発掘合宿
サンジェルヴェの夕陽
長野オリンピックで味わった屈辱

第三章 強化部長をつとめて
ノービスから海外へ
支えてくれた素晴らしいスタッフ
進化する大会運営
強化に生きたジャッジ経験
天才少年・本田武史の苦闘
ソルトレークシティオリンピック──雪解けは程遠く

第四章 荒川静香・金メダルへの道
綱渡りのコーチ変更
強すぎた浅田真央旋風
敗北と焦りのなかで
オリンピック代表選考
いざ、トリノへ!

第五章 金メダルの光と影
努力の結晶・村主章枝
溢れる才能・安藤美姫
果たせなかった約束・髙橋大輔
日本スケート連盟を揺るがした事件

第六章 羽生結弦・ソチから平昌に挑んで
東日本大震災のさなかで
羽生結弦との出会い
羽生に預けた「三つの選択肢」
世界に「人」を羽ばたかせる「クリケット」
日本初・オリンピック連覇を目指して
「バラード第一番」と「SEIMEI」
ニース・伝説の演技が生まれるまで

あとがきにかえて──日本フィギュアスケートの歴史の先に

著者について
城田憲子(しろた・のりこ)
1946年東京都生まれ。
フィギュアスケート女子シングルおよびアイスダンスの選手として活躍、
全日本選手権アイスダンスで二連覇。
引退後、94年から2006年まで日本スケート連盟フィギュア強化部長を務める。
06年トリノオリンピックでは荒川静香の日本初の金メダル獲得を牽引。
ISU(国際スケート連盟)レフェリー・ジャッジの資格を持ち、
長年にわたりオリンピックや世界選手権などで審判員も務めた。
14年ソチオリンピックでは羽生結弦の日本男子初となる金メダル獲得をサポート。
16年、ANAスケート部の監督に就任。

2018.2.5発売予定 【ムック】「羽生結弦が生まれるまで 日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史」

      2018.2.5発売予定【本】「羽生結弦が生まれるまで 日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史」
      【ショップ:amazonセブンネット
      単行本(ソフトカバー)
      出版社: 集英社
      ISBN-10: 4087808343
      ISBN-13: 978-4087808346
      発売日: 2018/2/5
      価格 : 1,600円 (税込:1,728円)

続きを読む

[書籍]07/02発売「蒼い炎II-飛翔編」羽生結弦(著)

内容紹介
15万部のベストセラー『蒼い炎』から4年、 待望の自叙伝続編!
前著刊行から4年。仙台からトロントへ練習拠点を移した羽生結弦。
ソチ五輪金メダリストとなり、世界最高得点を更新し続ける“王者”の姿と、 その裏で怪我や病気と闘い、苦難を糧に飛躍する“一人の青年”の姿。
2012年から2016年までの激動の4年間を、インタビューと豊富な写真で描く自叙伝・第二章。
2004年から現在までのカラー写真110点を掲載!

目次
・気づきの時
・新天地カナダへ
・見えてきた課題
・苦しい戦い
・五輪シーズンを前に
・五輪の戦略、ライバルとの戦い
・銀盤の王者へ
・成長の実感
・被災地で見つけたもの
・予期せぬ痛みとの闘い
・苦難を乗り越えて
・さらなる高みを求めて
・史上初の300点超え
・最高得点のその先へ

出版社からのコメント
羽生選手の印税はすべて、アイスリンク仙台へ寄付されます。
扶桑社の売上げの一部も寄付いたします。

初回設定日2016.06.

[和書]03/25発売「羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016」

    [和書]03/25発売「羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016」
    【ショップ:amazonセブンネット

    単行本
    出版社: 文藝春秋 (野口 美惠 (著))
    発売日: 2016/3/25
    絶対王者・羽生結弦の13歳から21歳までの軌跡

    書籍内容
    【NumberBOOKS 絶対王者・羽生結弦はいかにして作られたのか】
    2014年ソチ冬季五輪でフィギュア男子史上初の金メダルに輝いた羽生結弦。
    史上最年少の12歳で全日本ジュニアの表彰台に上がり、14歳で初出場した世界
    ジュニア選手権では、すでに「僕が日本で2人目の金メダリストになる」と宣言していた。
    15歳で世界ジュニア優勝、17歳で世界選手権銅メダル、19歳で五輪と世界選手
    権、GPファイナルの3冠達成。20歳で史上初の300点超えを果たした。
    「悔しすぎて、嬉しくなってきました」「僕はレジェンドになりたい。羽生結
    弦の名前を歴史に刻みたい」「これからは自分のなかで戦いを創り上げていか
    ないといけない」「絶対王者になってやる」その柔和で端正な容姿からは想像
    できない強い意志を持った「羽生脳」と、そこから導き出される「絶対王者の
    メソッド」が浮かび上がる。

    プロローグ 世界王者への扉を拓いた”羽生メソッド”
    Chapter 1 ジュニア時代 2008-2010 13歳→15歳
    Chapter 2 シニアデビュー 2010-2011 15歳→16歳
    Chapter 3 東日本大震災の日々のなかで 2011 16歳
    Chapter 4 震災後の1年 2011-2012 16歳→17歳
    Chapter 5 海を渡る 2012-2013 17歳→18歳
    Chapter 6 ソチ五輪 2013-2014 18歳→19歳
    Chapter 7 王者の証明 2014-2015 19歳→20歳
    Chapter 8 絶対王者の冒険 2015-2016 20歳→21歳
    ※Numberで撮影した未公開写真も満載

初回設定日2016.01.03