12/19発売【本】「フィギュアスケート・マガジン2017-2018 グランプリスペシャル B.B.MOOK1396」

      12/19発売【本】「フィギュアスケート・マガジン2017-2018 グランプリスペシャル B.B.MOOK1396」
      【ショップ:amazonセブンネット

ムック
出版社: ベースボールマガジン社
発売日: 2017/12/19
価格 : 1,194円 (税込:1,290円)

内容紹介
Ready Go 2018 待ってろ平昌、必ず行くから。

2018平昌冬季五輪まで、ついに2カ月を切った。今号は、五輪本番を占うGPシリーズ、そしてGPファイナルでのメダル候補の動向をダイジェストでお伝えしていく。
巻頭記事は羽生結弦の最新レポート。
11月のNHK杯公式練習において4回転ルッツ着氷時に負った右足首のケガは、当初の見込み以上に厳しいものになっているが、これから羽生は構成を、そして調整をどうすべきかを考えていく。
続いてNHK杯練習のフォトレポート&取材記、担当記者の緊急座談会のほか、彼の追い風となるべく、まぶしい笑顔を集めた「2017スマイルセレクション」、仙台からのメッセージ、星占いでみる2018年・羽生結弦の運勢、ソチ五輪王者に駆け上がっていくまでを描く「羽生結弦の2013-2014シーズン」前編、数々の困難を乗り越えてきた歴史を辿る「羽生結弦・不死鳥伝説」、同郷のオリンピアン・及川史弘さんからのエールなど、70ページ超の構成で羽生を後押ししていく。
表紙には、練習中の鋭い目線の写真を採用。「羽生らしいソフトな笑顔のほうが」「いや、今の羽生の心境を表している」と社内でも賛否両論分かれたが、決死の覚悟で平昌を目指す羽生の気持ちに寄り添っていこうということでの採用となった。また、ファイナル優勝は惜しくも逃したものの心も滑りも充実の宇野昌磨、ケガから見事にカムバックしてさらなる上積みが期待される宮原知子、成長著しい樋口新葉ら、男女のスケーターを幅広くカバーする。

初回設定日:2017.12.09