12/10発売【本】観戦力が高まる! フィギュアスケート「美」のツボ: 振り付け・衣装から身体のつくり方まで(著)今井 遥

12/10発売【本】観戦力が高まる! フィギュアスケート「美」のツボ: 振り付け・衣装から身体のつくり方まで
>今井 遥 (著)
amazon

内容紹介
採点競技には欠くことのできない「美しさ」という評価のために、個々の選手達がさまざまな努力をし、
それが個性につながっているフィギュアスケート。

複雑な採点基準については詳しくない初心者でも興味を持って鑑賞できるのは、
フィギュアは、プログラムや技、衣装、髪型など、さまざまな視点から「美しさ」を楽しむことができるためです。

今年3月に引退したフィギュアスケーター・今井遥は、バレエで鍛えた豊かな表現力や、もともとの手脚の長さと顔の小ささ、
アスリートらしからぬ透明感のある可憐な雰囲気など、多面的な「美しさ」で多くのファンを獲得し、
フィギュア黄金期に、スケーターの魅力は試合のスコアだけではないことを知らしめた選手でした。
その陰には、幼少時に悩んだアトピー性皮膚炎の克服、厳密な体重管理、健康美をつくる栄養管理、質の高い睡眠摂取、
より美しく見せる衣装の研究、ヘアメイクの追究、芸術鑑賞による内面を磨く鍛錬など、さまざまな努力がありました。

本書では、著者が積み重ねてきた経験を中心に、表現力を磨くといわれる「恋愛」事情まで、
これまで明かされることのなかった、フィギュアスケートの「美」の裏側を公開。
ライトなファンもディープなスケオタも、これまでよりさらにフィギュアスケートへの興味を深めることができる内容になっています。